無料ブログはココログ

ラーメン話

2017年2月16日 (木)

頑者・お台場

仕事で用事があってお台場に行きました。
 
東京駅や品川駅等にもあるようなラーメンフードコートがここお台場に
もあります。
 
こういった施設の良いところは、人気店を集めて出店させてるので、ハ
ズレがないのがいいですね。
 
 
 
Photo                              
Photo_2 Photo_3                  
 
 
店名=頑者
場所=お台場
メニュー=つけ麺 850円
 
 
 
 
着丼が遅く、回転が悪く、少し心配になったりして・・。                
 
っていいながら、着席後20分後に無事着丼で安心。
 
 
 
つけ麺はつゆそばと違い、ダイレクトに麺を味わうので、そこが命。
今回、太いストレート麺はコシがあり、表面がツルツルとしてのどごしが
良く凄い美味いです。
 
つけ汁は、魚の風味 + 動物系のコッテリさ でかなり美味いです。
濃度があって麺にまとわりついてきます。
 
ねぎ、のり、、、そして極太メンマが最高です。チャーシューは分厚く主
張してて美味い。
私は何気なく入っているナルトが嬉しい。
柚子と魚粉で仕上げてあります。
 
 
なかなか美味い一杯。
 
最後はスープ割を頼んで、つけ汁も完飲でした。

2017年2月 2日 (木)

柳屋・用賀

ちょうど2年前のブログで書いたお店です。
 
先日、再度用事があって帰省して、その時に再訪しました。
 
 
Photo                              
Photo_2 Photo_3                
 
 
店名=柳屋
メニュー=ばさら 830円
場所=用賀
 
 
ここは基本の{白}、そしてその{白}をベースにアレンジした{黒}・{ばさら
}・{味噌}と4種類が味の柱なようです。
 
前回、基本の{白}を食べましたが、私にはトンコツ出汁が薄く物足りなか
った印象でした。
東京にはこのくらいが馴染みやすく逆にちょうどいいんだなと気づいたり
して。
 
 
 
でも、今回、兄の勧めで{ばさら}で再チャレンジ。
 
とても美味しかったです。
 
私的には{白}よりかなりグレードアップ。
秘密はニンニク風味がプラスされていることです。
もう夜遅く誰にも合わないのでニンニクも思う存分食べれました。
 
元々極細麺は美味しく、トッピングはオーソドックスな{のり}・{きくらげ}
・{チャーシュー}・{ネギ}・{玉子}でグッドです。
 
 
 
そして、、このお店、、素晴らしいのが「替玉無料」。
 
前回も書きましたが、原価的に良いんでしょうか?(ありがとうござい
ます)
 
嬉しいサービス。
店主さんの心意気に感謝ですね。

2017年1月21日 (土)

光醤・渋谷

味噌と二郎系を食しましたが、トンコツにありついてなく寂しい思いが
ありました。
 
 
 
Photo                              
Jpg                              
Photo_2 Photo_3                 
 
 
 
店名=光醤
メニュー=醤ラーメン 680円
場所=渋谷
 
 
 
 
美味い1杯でした。
変化球の要素を入れていない、基本の1杯。
それが食べたかったので安心かつ嬉しいです。
 
スープはあっさりしてますが、トンコツの旨味が充分で美味いです。
 
極細麺は当然美味くて替玉しました。
 
トッピングは、もやし、キクラゲ、ネギ、チャーシュー、のり、、基本に忠
実で過不足無く素晴らしい。
 
 
 
飲んだ帰りに入店したのですが、渋谷や新宿(私は詳しくないですがた
ぶん池袋も)等は、普通に美味いラーメン屋が当たり前のようにあるん
ですね。
しかも、どのジャンルのラーメン屋もさらっとあるんですから、その日の
気分で選択できて羨ましい環境ですね。
 
今回、酔っぱらって入ったお店で美味いトンコツにありつけて満足でし
た。

2017年1月20日 (金)

陸・世田谷(農大一校前)

味噌が続いたので、味を変えて再びラーメン。
 
 
 
Photo                                
Photo_2
Photo_3 Photo_4                   
 
 
 
 
店名=陸
メニュー=ラーメン 730円
場所=世田谷(農大一校前)
 
 
 
 
最高に美味い1杯でした。
 
 
人気の数々の二郎インスパイアの中で、さらに人気の1店。
 
開店15分前に訪れたら、既に並んでいる人がいて私は4番目。
開店時には後続に15人ほどの行列ができていました。
早く来て良かった・・。
 
二郎系が1年ぶりで慣れていない私はノーマルでオーダー。野菜増し・
肉増しをグッと我慢。
 
 
 
二郎系はお店によって味が違いますよね。
お店によっては醤油ダレのしょっぱさだけが強調されてるところもあり
ます。
 
そんな中、陸のスープは驚き。
乳化したスープはそうとう美味い。絶品です。
 
茶褐色のちぢれた太麺は美味すぎ。モチモチとしてて味も食感も良い
です。
 
チャーシュー、キャベツ、モヤシのトッピングはお約束の内容です。
 
 
見た目以上にあっさりしてて最高のバランス。
 
あっけなく完食です。
 
私は後悔しました。
やはり、、、大盛にしときゃよかった。野菜増しにしときゃよかった。いや、
最低限、肉増しにしときゃよかった・・・。                     
 
でも、もし小食の方、二郎系初体験の方は気をつけてください。ノーマル
オーダーでいいかと思います。
 
 
 
しかし、しかし、、、そこは言わずもがな二郎系。
麺の量、麺の固さ、タレの濃さ、脂の濃度、野菜の量、肉の量等々を選
択して自分好みの1杯にカスタマイズしてほしいお店です。

2017年1月18日 (水)

雅楽・あざみ野

今回の帰省で3回目の味噌。
幸せです。
 
 
 
Photo                                  
Photo_2                                
Photo_3 Photo_4                   
 
 
 
店名=雅楽
メニュー=みそらーめん 800円
場所=あざみ野
 
 
 
 
あざみ野の人気店とのことでワクワクします。
 
 
味噌と醤油の2本立てのようですが、店主さんのルーツからすると味噌
が基本のはずなのでそちらをチョイス。
 
 
 
赤味噌ダレで白と黒のゴマがかかっています。そんな小さいことにこだ
わりを感じます。
 
トッピングはチャーシュー・もやしに、大量のコーンが嬉しい。ニラも良い
です。
 
そして麺。中太のストレート麺。これがモチモチとしてかなり美味いです。
 
 
とても美味く感じた後なので、逆に凄い残念な1杯。
 
香辛料が既にかかった状態で着丼します。
舌がビリビリとします。
色々な旨味は消えてそのスパイスの香りとビリビリしか印象に残りませ
ん。
せっかくの凝った美味い1杯が台無しで、もったいない。
 
いつも書きますが、ラーメンは、いやラーメンに限らず食の好みは人そ
れぞれで違います。
実際、この1杯は多くの人が支持している人気店なのですから。
 
 
店内・厨房がとても綺麗でピカピカです。
きっと美味しいものを作る「気持ち」のあるお店です。感動しつつ「見習
わなきゃ」と思いました。

2017年1月17日 (火)

北の大地・新宿

せっかく新宿に行ったのですから、味噌をはしごです。
 
 
 
Photo                                
Photo_2                                
Photo_3 Photo_4                 
 
 
店名=北の大地
メニュー=味噌ラーメン 750円
場所=新宿
 
 
 
 
今回の帰省中に食したラーメンの中で、私が最も好きだった1杯。
 
 
 
昨日書きましたが、今、人気なのは赤味噌ダレ。
でも、私は昔ながらの白味噌ダレが好きなんです。
私は東京出身なので白味噌で育ったのと、元々の王道の味噌ラーメン
は北海道・味の三平を流れをくむ白いスープだと思っているのもんで。
 
 
 
王道の味噌ラーメン、、たまりません。
 
 
表面にラードの膜がはっていて熱々です。
 
「この脂のスープを飲んだらいけない。体に・・。もう40過ぎだぞ」、なん
て警報が頭の隅で鳴っています。
 
しかし、完食・完飲。
 
なのに後悔はありません。
 
「体に・・・」なんてヤワな気持ちじゃラーメン食べれません(笑)。覚悟が
必要なのです(笑)。
 
 
ノーマルな味噌ラーメンなので説明はあまり必要が無い1杯です。
 
麺は中細で若干のちぢれがあります。
 
もやし・メンマ・チャーシュー、そして九条ネギがとても良いです。
 
 
とにかく私が求めていた最高の1杯。
幸せです。
 
また食べに来よっ♪

2017年1月16日 (月)

味噌が一番・新宿

1年ぶりに帰省してラーメン屋巡りができます。
 
ワクワクします。
 
 
 
店名=味噌が一番
メニュー=頂上味噌麺 780円
場所=新宿
 
 
 
 
Photo 2                
Photo_2 Photo_3                 
 
 
私はどんなジャンルのラーメンも好きですが(つけ麺以外)、昔から特に
味噌が1番好きです。
 
 
赤味噌ダレが濃そうですが、意外にさっぱりしてて、美味しいです。
コクを出すためにフォアグラを使っているそうですがはっきりとは感じま
せん。
一般的に、今、味噌ラーメンで人気が出るのはこの赤味噌でしょうね。
 
麺は中太麺でこれがかなり美味い。あまり味噌ではお目にかからない
麺ですが自家製でしょうか?もっちり美味い。
 
トッピングは長いメンマ、モヤシ、キャベツ、パプリカと野菜が豊富で豪
華。
白髪ねぎに柚子がきかせてあり絶妙です。
さらにチャーシューは香ばしく焼いた肉と柔らかく煮たばら肉の2種類
がのってます(素晴らしい)。
 
オシャレで豪華で美味い1杯。
 
 
場所は新宿ですが細い入口、そこから地下1階という入りずらい不利な
立地です。
なのに混んでいる人気店。
私にとっても当たり店で嬉しくなりました。

2016年12月22日 (木)

お家で本場の味

今回届いたのは、九州宮崎の{ラーメンマン}という人気店のラーメン
です。
不思議な店名です。
 
私がちょうど欲していた{とんこつスープ}です。
 
 
 
 
6人前=6袋も入ってました。
しかし、なんと1袋ごとにご丁寧に替え玉が入っているじゃありません
か。
つまり合計12杯分。
けっこうなお値段がしたんじゃないでしょうか。すいませんですなー。
Image21                                
 
 
 
この商品には既に{チャーシュー}・{メンマ}・{ネギ}・{のり}のトッピン
グが付いています。 ありがたいですね。
 
でも、せっかくのラーメン、これはバッチリ仕上げたいと思い、せっせと
自分で{半熟煮玉子}を作り、{もやし}も茹でて、{紅ショウガ}を買って
スタンバイ。
まさに{全部のせ}状態。
Image111 Image5 Image41      
 
 
 
 
 
こういう宅配ラーメン、どんなに美味いラーメン屋のものでも、今まで自
宅ではなかなか美味しくできませんでした。
だから、実際お店に行って調理代を払って食べる価値があるのでしょ
うね。
 
しかし、今回は・・・。
見た目は美味そうです。
Image3  Image6                
 
っで、食べてみたら、、、美味いっ!
スープが想像していた3倍は濃厚。へたなお店で食べるより濃厚なドと
んこつです。
麺も美味い。美味すぎる。
気が付けばお部屋が本物のとんこつラーメン屋の香り。
 
このパンチなんだよな~、体が欲していたのは。
 
なぜか自宅でも替え玉システム。
Image4  Image2                   
 
 
 
お高い出費だったでしょうが、そのお値段以上に我が家は楽しみまし
た。
楽しい夕食会で大満足でした。
 
兄に感謝した我が家でした。
ごちそうさまでした  m(_ _)m

2016年12月21日 (水)

禁断症状が出ていた時に

実家に帰省した時に、私はラーメン屋巡りをします。
 
東京にはたくさん美味いラーメン屋があります。
 
昔は年に数回、ちょこちょこ帰省していました。
 
しかし、ここ数年は子供も大きくなって、1月に年に1回だけしか帰省で
きません。
 
 
つまり、、、現時点で、ちょうどまる1年美味いラーメンにありついてい
ないわけです。
 
私、ブログに書こうと思ってましたが、禁断症状が出ていました。
 
「あ~、 美味しいラーメン食べたい。 できればガツンとパンチのある
やつ食べたい」。
 
帰省まであと少しの辛抱です。
 
 
 
 
 
っっっと、、、そんな時、我が家に大きな荷物が届きました。
 
私も妻も身に覚えのない段ボール。
 
「?????」。
 
恐る恐る開封してみたら、、、兄からラーメンが届きました。
 
なんだこの最高のタイミングは!
 
 
私と妻でお昼に食べるにはもったいないので、子供達がいる夕食で食
べることにしました。
 
そして昨日はラーメンパーティー(なんじゃそれ?)。
 
 
その様子はまた明日 (* ̄0 ̄)ノ

2016年4月25日 (月)

羅偉伝・高田馬場

東京方面に用事がありまして、高田馬場で下車。

やはり、私の大好きな{純連}に寄っていくかな♪

 

しかし、あったはずの場所に{純連}が見当たりません。

凄い久しぶりだったので場所を忘れちゃったかなと通りを何往復もしま

した。

 

結局、見当たらず・・。閉店したのかも。

がっかりして↘ 

でも、「何か1杯食べとかなきゃ」と{純連}があった辺りにある初めての

知らないお店に入店。

 

 

 

店名=羅偉伝

メニュー=みそらーめん 800円

場所=高田馬場

 

 

Photo Photo_2




 

 

「おや?」。着丼してすぐにピンときました。

「やっぱりそうだ」。食べて気づきました。

{純連}にそっくりです。

 

お店の感じは全く違います。{純連}はコの字カウンターで明るい照明。

羅偉伝は長い一列カウンターで落としめの照明。

でも、見た目=独特な角切りのチャーシュー。

そして、食べてみるとラードの膜、黄色い麺。

間違いなく{純連}のらーめん。

 

私は嬉しくなりました。

 

何も知らないで入店しましたが、同じ人が別の店名で始めたのでしょう

か?

お弟子さんがやってる後継店なのでしょうか?

 

 

スープは濃厚で甘さがあります。ラードで膜ができていて熱々。札幌味

噌の特徴ですよね。

中太ちぢれ麺はスープに負けないパンチ力で美味い。

角切りチャーシュー・ネギ・メンマのトッピングも美味いです。

贅沢な1杯です。

 

大満足で帰宅できました。

より以前の記事一覧