無料ブログはココログ

2019年12月27日 (金)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-9

①-9 「知床への冒険」

長年の夢だった知床への冒険は終わりました。

最大の目標だったヒグマには出会えず・・。

旅行から帰宅後、しばらく、数か月落ち込んでいました。

凄い悔しかった・残念だった。

今まで意識してませんでしたが(今年偶然?)、旅行前、そして旅行後、けっこう

テレビ番組で知床をやるんですよね。

っで、けっこうあっさり芸能人がヒグマやシャチやクジラとご対面してる。これに

はさらに傷ついた・・。

 

 

 

こう思う方もいるかもしれません。

「動物園で見ればいいじゃん」。

はい、たしかに登別に行けばヒグマがたくさん見れます。いえ、ヴェンティチェロ

の近所のサファリパークにもいます。

そういったところへ行けば、ほぼ確実に見ることができる。私も見たことがあります。

しかし、住みかを用意してもらい、温度調節してもらい、そしてここが重要なのです

が、餌を人からもらって生きている動物は、はっきりいってペットです。色々なご意

見があるでしょうが、小さかろうがどんなに大きい個体だろうが、餌を人からもらっ

ちゃってる時点で、それはペットと私は考えます。

ペットは可愛いもんです。私も好きです。

でも私はペットにそんな夢はありません。野生動物が見たいのです。

 

 

極端な究極の選択。

〇動物園に行く。これは確実にヒグマ自体を見れる。しかも費用も安価。

〇知床に行く。例えばヒグマを絶対に見れないとする。費用は高価。

これは正直迷います。

それでも、私は後者を選びます。

たしかにヒグマは現れてくれませんでした。

それにシャチもクジラもオジロワシも見れなかった。

でも、そこには確実に彼らが生息する森があった、海があった、自然があった。

動物そのもの自体は目にしなかったのですが、車で運転中に、なんというか、

ピリピリとした緊張感・張り詰めた空気、「少し森に・海に入ると危険だよ。そ

こは我々が住んでいる世界だよ」、そんなものを感じ取れました。

その空気感には現地でしか得られない大きな価値があったわけです。

 

 

 

今回、長年の夢だった知床、訪れるのは人生で最初で最後だなと思ってました。

この旅行記の最初に書きましたが、私は行ってみたいところがあと9カ所もあり

ます。そこはどこも高額な費用がかかり、行き帰りで長い日数を要します。

ただでさえ人生でそれら全て行けないと思ってるのに、1カ所だけ固執して複数

回行くわけにいかないんです。

もし、次のチャンス、費用が捻出できて休みがとれたら、また別の2カ所目に

行かねばなりません。

 

女満別空港で私は心の中で言いました。

「さようなら」。

美味しいものをいっぱい食べた。人生初のオホーツクを見た。確かにシリエトク=

知床の地を踏んだ。なにより家族5人で旅ができた。

満足です。幸せです。

でも、、、なにか心の奥に棘が引っかかる。

さらに心の奥の奥の奥底で、、、

「必ずやいつの日かまた・・」。

 

 

 

とても長い旅行記になりました。

こんな長編のネタはもうしばらく無いでしょう。

それだけ、2019年で、いや近年では最もビッグなイベントでした。

 

私を慰めてくれたのがキタキツネでした(峠にて) (*^-^*)

079 080

081

2019年12月26日 (木)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-8

①-8 「知床への冒険」

アッという間に最終日。

最終日は帰宅するだけ。

翌日から仕事。いきなり長い夏シーズンの始まり。

夕方には山中湖に着いてなければいけません。

 

空港への道中。

こんな何気ない風景が好きです。

ジャガイモ畑?小麦畑?

118 119

遠くに斜里岳でしょうか?雄大な山が。

117

 

女満別空港内で昼食。

129

そういえば、ラーメン食べてません。

斜里町あたりは玉ねぎが名産だそうで。

玉ねぎラーメン&味噌バター。

122 120

123 124

125

またまた、そういえば、ジンギスカンも食べてない。

ってことでジンギスカンプレート。

126

 

 

さて帰路の飛行機。

少し寂しい。

さよなら知床。さようなら女満別。

131 132

133

 

 

空の上、やっぱり、無理・・。気を失いそう・・。

よく飛行機に乗る方は怖くないんですかね?

137

次男も真っ青。

135

そして、ただいま羽田空港。

138

 

 

 

 

3日目だけはずっと元気がなかったわけで。

寂しさ・悔しさをスカッと紛らわすために。

女満別&羽田の両空港でお土産をいっぱい買いました。

 

 

女満別空港のお土産屋さん。

129

ジャガイモ、海産物、お菓子などを買いました。

中でもホッケは絶品。

152 154

私、白い恋人が大好物。中でもチョコ味が好きなんです。

155 156

 

羽田では空弁を買い込んで帰りました。

139_20191226095201 140

141 145

142 147

143 148

149 150

 

 

旅の間も、帰宅後も、美味しいものをたらふく食べました。

大満足です。

 

 

明日は今回の旅行記の最終回です。

2019年12月25日 (水)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-7

①-7 「知床への冒険」

さて、ウトロに戻ってラストチャンスにかけます。

 

知床の観光名所、{オロンコ岩}。デカくて迫力があります。

085 083 

ここが船の出発地点。おーろら号に乗ります。

大きな船です。

086 090

船内の様子。

089

沖に出ると波が高く船内が揺れます。

高波の中、懸命に目を凝らして岸を確認。

やはり遠すぎてこれではクマが分かりません。

093 092

 

少し行ったところで船内アナウンスが・・。

「高波の為、ここで引き返させてもらいます」って・・。

091

 

まさかのツアーが途中で中止に・・。

 

私、言葉が出ません。

落ち込みました。

夢が終わった・・。

何のためにここまで・・。

 

 

 

宿に帰ってもテンションが上がらず・・、お風呂で泣けてきました。

115

昨夜の夕食より食欲がありません(これで?!充分すぎるわ! とか

思わないでください)。

114 113

112 111

110 109

 

 

旅のミッションは果たせず終わりを迎えます。

 

さて、もう翌日は帰らなければいけません。

失意の最終日はまた明日。

2019年12月24日 (火)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-6

①-6 「知床への冒険」

さあ、本番のヒグマツアー。

船に乗り海上から浜にいるヒグマを見るツアー。

その時期、発見率は90%以上、いやほぼ100%近いという安心の高確率。

はっきりいって、このためだけに知床へ来たわけです。

 

 

 

ただし、今回、事前に2つのトラブルがあったんです。

 

1つ目。

事前に予約してたクルーズ会社(ウトロで1番人気)が不祥事を起こし、運行

停止になってしまっていた。

 

2つ目。

7月11日に台風5号が発生。南から日本に向かっていた。

 

1つ目のトラブルは他の会社に予約して解決済み。こちらのヒグマ発見率も1

00%近いので安心。

2つ目のトラブルは日本に直撃せず温帯低気圧に変わって安心。

 

 

そして、今回の旅行日程。

2泊3日でした。

通常、知床旅行は最低でも3泊4日がスタンダードらしいです。

でも、私達は夏の繁忙期に休めるのは3日間が限界でした。

初日は山梨からの移動でつぶれます。

最終日も山梨に夕方までに帰らなければいけないのでつぶれます。

つまり、チャンスは真ん中の2日目の1日だけ。

 

 

着いた初日の夕暮れ。

この旅行記①-3で書きました。穏やかな日差しで安心してました。

033_20191224112601

ところが翌朝ホテルを出発する時。

どんより空&霧で少しだけ不安がよぎります。

056 057

 

昨日書きましたが、お昼頃、羅臼の道の駅にいる時、見知らぬ番号から私に

電話がありました。

私=「もしもし?」。

相手=「〇〇観光です。今日は波が高いのでヒグマツアーは欠航です」。

私=「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」。

 

私、頭が真っ白になりました。

 

いやいや、それは困る。はいそうですかって引き下がれません。

仕事を止めて来ている。

わざわざはるばる山中湖から知床へ来ている。

高額な費用がかかっている(海外旅行にいけるくらい)。

 

ヒグマを見るためにっっっ!!来てるんじゃーーーーっっ!!

極端な話、転覆してどうにかなったってかまいやしないくらい。

 

何度も聞きました。

「なんとかならないですか?」

「おそらく人生で最初で最後の1回だけのチャンスなんです。どうにかな

りませんか?」

 

 

しかし、あっさりダメでした。

当然ですね。

 

私は立ち尽くした。意識が遠くなる感覚。

 

よし、気を取り直して、ヒグマは諦めて、シャチ&クジラを見るツアーだ。

ヒグマツアーの船はウトロ発ですが、シャチ&クジラの船は今いる羅臼発な

んです。

 

 

しかし、そっちも全部欠航。

 

最初に書きましたトラブルのうち、2つ目のトラブル。

台風5号は温帯低気圧に変わって安心してました。

しかしその温帯低気圧、九州の西から大回りして日本海に。そして、そして

さらに東へ進み、ちょうど旅行日程期間に北海道へ。

結局、海は荒れました。

 

 

途方に暮れた我が家。

 

 

そこに一筋の光が。

ウトロに戻れば唯一1社だけ午後観光船が出るとのこと。

しかし、その船は大型。

ヒグマツアーではなく知床半島を先端までいって眺めるツアーだそうで。

クマを見るには小型船で岸に近づかなきゃいけません。

大型船じゃ岸まで遠いなあ。

 

 

でも、最後のチャンス。

これにかけました。

さて結末は、、、次回に。

2019年12月23日 (月)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-5

①-5 「知床への冒険」

2日目。

船に乗ってのヒグマツアーは午後なので、それまで観光。

 

私達が宿泊しているのは知床半島の北側のウトロ。

知床半島を縦断して南側の羅臼を目指しました。

 

羅臼の道の駅。

059

根室海峡。条件が良ければここから国後島が見えるらしいですが今回は確認

できず。

058

ウトロの道の駅より圧倒的に海産物が豊富。漁船はこちら側に多いのでしょう。

丸々太ったマダラ・ホッケ。

060

ソイ。

063 062

タコやホッキ貝やつぶ貝。

065 064

 

ここの食堂に入店。

066

海藻入り塩ラーメン。

067

カニ・ウニのダブル丼。

068

 

そして念願のホッケ。美味すぎる。

071

そして、そして!念願のウニ丼。とろける。美味すぎる。

070

069 077

そして!そして!そして!念願の鮭。

鮭のハラス焼きとイクラの親子定食。たまらんです。

073 075

074 078

 

幸せなランチでした。

 

 

それからの観光。

 

ゴジラ岩。

082

オシンコシンの滝。

095 098

096 099

103

三段の滝。

104

105 106

 

そして、今回、私はどうしても購入したいものがあったんです。

セイコーマート。

107

北海道にしかありませんかね?

地元の方には笑われるかもしれませんが、ご当地コンビニだって立派な観光

スポットです。

ここでしか売っていない(最近マネしてる大手コンビニがあるらしい)おに

ぎり={ベーコンおかかおにぎり}が欲しかったんです。

美味かったです。

108

 

知床を満喫した1日でした。

 

さて、今回の旅の本命。

ヒグマツアーはまた次回。

 

2019年12月22日 (日)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-4

①-4 「知床への冒険」

お楽しみの夕食。

そして朝食。

ビュッフェ形式でした。

 

実は私はあまりビュッフェスタイルがあまり好きではありません。

食事中に何度も立ったり座ったりが面倒くさいですし、周囲がそういう雰囲気

なのも落ち着かないんです。

ご飯はドシッと座って落ち着いて食べたいんですね。

 

でも、我が家はだいたいビュッフェスタイルの宿に泊まります。

なぜなら、子供達はビュッフェが好きで、特に好き嫌いが激しい次男は好きなも

のをチョイスできる方がいいからです。

 

っで、今回のホテルの夕食。

凄いんです。

いつもの近場で泊まる宿のビュッフェ(それも充分満足ですが)と全っ然っ内容が

違う。

ちゃんと北海道ならではのメニューが散りばめられてます。

どれも美味い。

種類も豊富。

 

会場入り口にスイーツコーナー。

ワクワクしますが、ここは後でと我慢。

035 034

 

お刺身が美味しい。

そしてカニ。これが凄い。

よく泊まる近場の温泉宿もカニがあるんですが、太さ・美味さが全然違う。

このカニだけでいいくらい。

子供は分かるんですね。次男もカニばっかり食べてました。

040 038

大食いの私。バカみたいに食べてしまいました。

和食・中華・洋食・寿司・ステーキ・天ぷら・・。

おそらく大人3人前くらい。ホテルに申し訳ない気持ち。

皆様、呆れないでくださいませ ((+_+))

044 043

042 036

この1杯がたまらんです。

047

スイーツは全部食べました。

アイスクリーム・クレープ・カキ氷・カットケーキ。

呆れないでくださいませ。

050 049

048 051

 

楽しい夕食でした。

045

 

 

翌朝

朝食もとても充実。

フルーツ1つ1つが美味しい。

055 054

052

 

 

今回のホテル、夕食・朝食ともに、それぞれ2回ずついただきました。

知床で1番といわれる、いや北海道で1番ともいわれるビュッフェだそうです。

評判通り。

ありがとうございます。

幸せ過ぎる時間でした。

2019年12月21日 (土)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-3

①-3 「知床への冒険」

さあ、道東の玄関口、女満別空港に到着。

予想と違い暑くてビックリ。なんと30℃ありました。

道東ってこんなに暑いのでしょうか?

016

滞在中、我々の足になってくれるレンタカー。

ダイハツ・THOR(トール)。

5人がゆったり乗れて、見た目以上に空間が広く快適でした。走りもバッチリ。

ありがとうTHOR。

017

お昼ご飯を食べてません。しかし、女満別空港の周囲に食事処が見つからず。

最寄りの道の駅へ行きましたが、お店のブースが2軒しかない小さいところでした。

北海道で初めて口にしたもの。

ソフトクリーム、イモ餅、豚丼。

どれも美味しかったです。

021 020

024

022 023

 

さて、今回の宿泊の拠点・ウトロへ向けて出発。

網走経由で行きました。

道がずっと真っ直ぐ。北海道の広さを感じます。

歩道を指し示す矢印を見ると、冬の雪深さが想像できて少しゾッとします。

027 025

 

さて、長く運転してホテルに到着。

母は東京から、私達家族は山梨から、はるばる時間をかけてようやくウトロの地に。

029

部屋はとても広くてびっくり。快適でした。

031 030

 

一息入れて外を見たら、、、美しい景色。

「もう夕方か・・。長かったな・・。」

私は知床の地にいることの嬉しさを噛みしめてました。

033

 

さてさて、お風呂に入って夕食です。

そこはまた次回に。

 

2019年12月20日 (金)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-2

①-2 「知床への冒険」

決行したのは7月の末頃。

本来なら山中湖の宿業として、忙しくなる繁忙期。

夫婦で何度もよく話し合いました。

「行くのか・行かないのか?」。

「行くならいつ行くか?」。

 

ちょっと{とある後押し}があったもんで、「今しかない。行こう」、という

ことに。

長男が高校を卒業したら、きっともう一緒に旅行に行けなくなります。

時期は我が家の息子達が夏休みに入ってすぐのタイミング=7月しかないぞ、と

いうことに。

 

私・妻・長男・次男・母(私の)の5人で冒険に出発したわけです。

 

 

 

私はここ何年も近場の旅行しか行ってません。

お恥ずかしい話ですが、飛行機に乗るのなんて長男が生まれる前、20年近く経

験がありません。

 

20年ぶりくらいの羽田空港。

なんだか雰囲気が変わってて、私は完全な{お上りさん}状態。

001 002

 

山中湖から早朝に出発してきたもんで、空港内の空弁で朝食。こんなのもワク

ワクします。

004 003

 

飛行機を間近で見るのも久しぶり。ワクワクします。

006 005

私は高所恐怖症。飛び立った後は生きた心地がしませんでした。

若い頃はもう少し大丈夫だったはずなんですが、今は全くダメ。脇汗が止まり

ません。

012 010

次男は初めての飛行機。彼もどうやら高所恐怖症。

「なんでこんなとこに連れてこられたのか?」って雰囲気。

真っ青な顔してます。

009 007

 

 

さて、北海道まで出発です。

続きは次回で。

2019年12月19日 (木)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ①-1

①-1 「知床への冒険」

今年、色々なことが詰まってた我が家。

その中でも私にとって1番大きな出来事は知床への旅です。

自分の日記として書き記しているこのブログ。この旅行記は何回かに

分けて書き記しておきます。

少し長い内容になるかもしれません。

 

 

私は昔から行ってみたいと願う場所が10カ所あるんです。

20代の頃から、遅くても30代初めの頃から夢見ている場所です。

外国4か国で8カ所。

国内2カ所。

 

行ってみたいと思ったきっかけは様々ですが、全てに理由があるんです。

そこに行って、{したいこと}・{観たいもの}・{食べたいもの}等が

あるんです。

 

そしてそれらのスポット全てに共通しているのが、「なかなか実現できな

い場所」なのです。

高額な費用・長い日程、なかなか簡単に行けません。

私フッと思うんです。

「生きているうちにいくつか行けるんだろうか?」って。

きっと全ては無理でしょうね。

 

その全てのスポットの紹介は長くなるので今回は割愛します。いずれ何

かの機会に触れようかと思います。

 

 

 

 

今年、ようやく1カ所目実現したんです。

場所は、、、北海道、、、知床。

ブログのバックナンバー=2015年12月24日に書いてあります。

 

ずっと行ってみたかった知床。

 

知床に行ってみたかった理由。

 

{オジロワシを見ること}・{オオワシを見ること}・{シャチを見るこ

と}。

{めちゃくちゃトロトロのうに丼を食べること}・{プリプリの鮭・イク

ラを食べること}・{脂ののった肉厚のホッケを食べること}。

 

そして、、、最大の理由。

{野生のヒグマを見ること}。

実はこれが長年の夢。

これさえ達成できれば、上記の他の事は未達成でもいいくらい。

 

国内では稀な手つかずの自然。

そこに生きる国内最大(陸上)の哺乳類。

 

2019年、長年夢見た地に上陸。

間違いなく子供が出来てから、つまりここ10数年で最も大きな冒険。

 

詳細はまた明日から (@^^)/

2019年12月 7日 (土)

2019年・我が家の10(14)大ニュース ⑬

⑬「カープ観戦旅 & 焼津旅」

詳細は今年の過去ブログに書いてあります。

カープ観戦旅は4月6日・7日・8日。

焼津旅は4月9日・12日・13日・15日・16日。

に書いてあります。

 

 

 

我が家は毎年恒例で春休みの最後にカープ観戦に行きます。

マツダスタジアムと甲子園は予算的に行けないのですが、ハマスタ、東京ドー

ム、神宮、ナゴヤドームなら行けます。

野球シーズン期間中だと、この4月頭が唯一、親の休みと子供達の休みが重なる

んです。

春休みのペンションの仕事が一段落した後のご褒美。

だいたいシーズン開幕カードか2週目カードになります。

 

今年は名古屋ドーム。

試合内容はがっかり敗戦。

でもカープ観戦を満喫しましたし、試合後、名古屋メシも楽しめました。

 

来年はオリンピック開催の影響で、プロ野球のシーズン開幕が早まります。

来年は4週目カードくらいの観戦になるかな(^^)

                                 

                                 

 

帰りの名古屋~山中湖は運転も大変なので、今年は中間地点で1泊しました。

場所は焼津。

静岡に旅行する時はだいたい伊豆半島のどこかを選択します。

なので、半島よりだいぶ西方面の焼津は私は初めての地。

とても良いところでした。

宿も良い。

なにより焼津市場が魚が豊富で良い。

中でもマグロは水揚げ1位だけあって、素晴らしい。

現地でも美味しい海鮮を食べましたし、たくさんお土産も買えました。

                                  

名古屋、焼津と今年の良い思い出になりました。

より以前の記事一覧