無料ブログはココログ

サッカー

2018年11月19日 (月)

川口能活 引退

川口能活が引退しますね。
 
 
 
私は子供の頃、7年間サッカーをやってました。
ポジションは主にGK。
 
だから、試合中に目が行くのがGK。
好きな選手もGKが多いです。
 
 
 
 
だいぶ昔、冬の全国高校選手権で初めて川口を見た時、衝撃を受けた
のを覚えてます。
 
GKの力で全国優勝。
 
凄いセーブ能力で、キャプテンで、さらに男前で、、。
まさにリアル若林源三(キャプテン翼)が現れたなって思いました。
 
 
 
今まで日本にも凄い能力で、好きなGKがたくさんいましたが、私の中で
のNO1は松永成立(元祖ワールドクラス)とならび川口です。
 
 
 
しかし、ここまで偉大な選手になるとは想像してませんでした。
 
 
 
抜群の運動能力・反射神経はもちろん素晴らしいですが、、、
なによりも集中力・精神力。
 
体の隅々まで神経をとがらせて、そして、いわゆる「あたってる時」の川口
には何か乗り移っているんじゃないか、第六感が備わってるんじゃないか、
なんて気がしてました。
 
 
そして、闘争心。
GKには相手を飲み込むような闘争心が必要なんだと知りました。
 
 
 
世界基準ではGKとしては体が大きくない。
語学に長けてたわけじゃなく(GKにはコーチングが必要)、
それでも海外移籍をしたのですから、純粋にセーブ能力の高さがあった
わけです。
 
 
 
華やかな選手。
色々苦労もあった選手。
長く現役を続けた選手。
 
川口、、、君は、、、
きっと、とても厳しい・とても優しい・素晴らしい指導者になれるよ。
 
お疲れ様でした。

2018年7月18日 (水)

優勝はフランス

サッカーW杯ロシア大会が終わりましたね。
 
 
 
優勝はフランス。
 
優勝するにふさわしい素晴らしいチームでした。
 
私は個人的に監督のデシャンが現役時代から好きだったので嬉しいです。
 
 
 
素晴らしいチームといえば、、、
クロアチア、ベルギー、イングランド、これらのチームも優勝してもおかしく
ない強さでした。
 
 
 
ベスト4の全てのチーム。
選手個人の力(走力・テクニック)、監督の采配、、、ワンランク上をいって
いる印象です。
 
 
 
約1ヵ月の楽しみも終わりました。
 
 
 
次の開催国は疑惑のカタール。
 
酷暑の為、初の冬開催です。
 
4年間で日本がさらに強く進化すればいいなぁ。

2018年7月12日 (木)

決勝戦

サッカーネタです。
 
 
W杯も残すはあと2試合。
 
3位決定戦と決勝戦。
 
 
決勝戦に出場するチームが決まりましたね。
 
 
6月15日のブログに書いてます通り、私はフランスは優勝候補にあげて
ます。
 
しかし、クロアチアはノーマーク。全く予想してませんでした。
 
 
ともに好チームで素晴らしい決勝戦になるのではないでしょうか?
 
若く勢いのあるフランス。
 
クロアチアは延長戦連発で余力が残っているか心配です。
 
 
楽しみですね。
 
 
 
W杯とは関係ありませんが、
嫌いなレアルから大好きなユヴェントスにC・ロナウドが移籍。
とても嬉しい驚いたニュースでした。

2018年6月23日 (土)

W杯を楽しんでます

W杯、毎日楽しんでおります。
 
 
今大会、毎日、3つの開始時間なんですね。
 
 
1試合目、21時スタートの試合を、仕事をしながら、家事をしながら、ちょ
こちょこ観戦できてます。
 
3試合目、朝3時スタートの試合は観れません。翌朝のネットで確認する
のが楽しみです。
 
問題は2試合目。夜12時(0時)スタート。この試合が、布団に入って寝る
直前、少し観れちゃうんです。ここで白熱して観過ぎちゃうと翌朝後悔する
ことに・・・
 
 
 
 
どの試合を観ても、感じるのは、「球際の1対1の競り合いで全体の優劣が
決まる」ってことです。
 
 
先日の日本戦、大迫選手・柴崎選手・原口選手・長友選手・酒井選手・吉
田選手・昌子選手あたりは球際で一歩も引いてなかったです。
特に、線の細い柴崎選手、国内Jリーグの昌子選手が{あたり負け}しない
で戦ってたのには驚きました。
 
逆に乾選手のようにスピード・テクニックはあるが、小柄な選手は{あたり
負け}してて、ちょっと厳しいですね。
 
 
 
今回、今のところ、1番驚いたのがメキシコがドイツを負かした試合です。
 
常々、メキシコこそが日本がお手本にするチーム、日本が強くなるヒントに
なるチーム なんて気がします。
メキシコの選手は小柄な選手も多くいますが、1対1のバトルで絶対に負け
ない強さ、そしていやらしい老獪さがあります。
 
 
そういう観点では、前日本代表監督ハリルホジッチのコンセプト=「デュエル
の重要性」は正解ですし、何年かかけて指導したわけで現代表にも浸透し
ているはずですね。
 
 
 
さて、決勝戦までまだまだ大会は続きます。
楽しみです。

2018年6月15日 (金)

W杯ロシア大会開幕

いよいよW杯が開幕しますね。
 
 
私は86年メキシコ大会から観戦してますので、9大会目になります。
 
 
 
今大会も我が国・日本が参加してるので、幸せを感じなきゃいけません。
 
だって、優勝も狙える強豪=イタリア・オランダが出場できてないんですから。
 
 
 
でも、私はどうしても今回、日本代表を力を入れて応援できないんです。
 
そりゃ、応援してます。
 
でも、、ハリル・ジャパンの戦いをみたかった。
 
 
 
国内最後の壮行試合の後、西野新監督が「頑張ってまいります」って挨拶し
てました。
 
「あー西野ジャパンなんだ」って実感が湧かず・・。
ほんの数週間前にポっと決まった人が挨拶してるのに違和感を感じました。
 
今回の監督解任劇、選手選考、スポンサーがらみなのかどうもきな臭さを
感じます。
 
4年間はなんだったんだ・・・。
 
 
 
 
それでも、、、日本代表を応援してます。
 
それ以上に、、、サッカーを、W杯を、各国強豪チームのプレーを、楽しみます。
 
 
やはり、ドイツ・フランス・ブラジル・アルゼンチンあたりが優勝候補でしょうかね?

2018年4月 9日 (月)

最悪のタイミング

今朝のニュースを見て驚きました。
 
サッカー男子日本代表のハリルホジッチ監督、電撃解任。
 
 
 
これは、最悪の結果です。
 
 
解任が、良い悪い ではなく、タイミングが悪すぎる。
 
これは、アジアやアフリカの弱小国である典型的なパターン。
 
強豪国では絶対にこの時期の解任はないでしょうね。
 
 
 
 
そもそも、結果が出てないのはハリルホジッチの戦術うんねん以前の問題。
(私は個人的には勝てる戦術・監督だと思ってます)。
 
 
ただでさえ使えるコマがいない弱い国です。
レアル・バルサ・マンU・バイエルン等のトップクラブにいる選手はいません。
 
その少ないコマが、、、
所属クラブでレギュラーを勝ち取れず試合に出れてない。
怪我人が多数で招集できない。
 
この状況ではだれが監督でも(グァルディオラでもモウリーニョでも)勝てな
いんじゃないでしょうか?
 
 
 
W杯本番まであと2ヵ月。
 
劇的な魔法をもった後任がいることを希望します。
 
頑張れ日本代表!!

2018年2月28日 (水)

得点王が日本に

まだサッカー日本代表がW杯に出たことがない時代。
 
 
Jリーグが始まった時、大物外国人が来日して驚いたもんです。
 
ジーコ(ブラジル)やリトバルスキー(ドイツ)が来たんですから。
 
 
 
 
 
当時、私が最も感動したのは、、、ゲーリー・リネカー(イングランド)。
 
メキシコW杯得点王で私はファンでした。
そんな憧れの選手がトットナムから名古屋グランパスに移籍したんです
から、ビックリ!
 
 
それから、立て続けにW杯得点王が日本にやってきました。
つまり、3つのW杯得点王がそれぞれ連続してやってきたんです。
 
 
イタリア大会得点王=サルバトーレ・スキラッチ。
インテルミラノ→ジュビロ磐田。
 
アメリカ大会得点王=フリスト・ストイチコフ
アルナスル→柏レイソル。
 
 
今でいうなら、ハメスロドリゲス(コロンビア)がバイエルンからJリーグに
来るようなインパクトです。
 
 
 
そういえば、今年は夏にW杯があるんですね confident

2018年2月27日 (火)

Jリーグ開幕

先週末からJリーグが開幕しました。
 
最終節で川崎フロンターレが劇的な逆転初優勝した前シーズンは感動
しました。
 
それからあっという間に新シーズンです。
 
 
 
私は特に熱心に応援してるチームが無いのですが、Jリーグ創設期から
見てるサッカーファンです。
 
昔から、ずっと鹿島アントラーズが好きです。
茨城になんのゆかりもありませんが、少ない予算で常にトップにいるアン
トラーズを応援してます。
 
あと、ヴェンティチェロのリピーターのお客様でファンの方がいるので、ガ
ンバ大阪 と 松本山雅 も応援してます。
 
 
 
さぁ、今シーズンこそ、TOTOBIG を当てて億万長者になるぞーー!

2017年2月27日 (月)

Jリーグ開幕

今週末からJリーグが開幕しましたね。
 
 
 
私は鹿島アントラーズを昔から応援してます。
 
茨城には全く縁もゆかりもないのですが、Jリーグ初期の頃から強豪で
好きな名選手が多くいました。
少し前までは、アントラーズ(赤) VS ジュビロ(青)が黄金カードだっ
たもんです。
 
 
うちのリピーターのお客様でも、ガンバ大阪を応援してらっしゃる方、松
本山雅を応援してらっしゃる方がいます。
何かを熱心に応援するって素敵ですね。
 
 
 
 
ところで、、、Jリーグは今期から1期制に戻ります。
 
つまり1年間で最も強かったチームが正式に年間チャンピオン。
 
 
これはとても良いことで、っというか当たり前の仕組みです。
 
FIFAからも2期制を止めるように勧告されてました。
 
 
短期的に見たら2期制の方が興行収入が増えて良いようにみえます。
 
ただし、長期的にみたら、それはリーグ戦の価値を下げるもので、年間
チャンピオンの価値も下げるわけです。
理不尽な仕組みはJリーグの人気低迷へつながるわけです。
 
 
昨年、最も勝点を獲得した浦和レッズではなく、3番目でレッズから勝点
15も差をつけられてる鹿島アントラーズが年間チャンピオンでした。
 
「1年間の戦い・苦労・応援は何だったんだ?」。
 
↑ 昔、こういうクイズ番組ありましたよね(笑)。
「ラスト問題だけポイント10倍で100点!」。
「全員に逆転のチャンス!このラスト問題の正解者が優勝です!」。
みたいなやつ。
私は「この1時間なんだったんだ?」って子供ながらに不思議でしたもん。
 
 
 
プロ野球も早く見習った方がいい。
 
サッカーは全部で18チーム。
 
野球はたった6チーム。
そのうちの半分が日本シリーズに出れるかもって・・・。
 
でも、、、野球にはFIFAのような機関がないからなぁ・・。

2017年2月 4日 (土)

岡野俊一郎さん

今朝、岡野俊一郎さんの訃報を知りました。
 
 
私の中ではカリスマ的な存在。
 
 
 
 
私は子供の頃、サッカー大好き少年でした。
 
でも、現在のように、BS放送も無いし、サッカー番組も無かった時代。
 
そもそも国内にプロリーグが無く、アマチュアリーグでした。古河電工と
か読売とかヤンマー等のチームが戦ってました。
 
 
そんな時代、唯一のサッカー専門番組がテレビ東京の{ダイヤモンドサッ
カー}。
 
海外サッカーに触れられる唯一の窓口でした。
 
毎週、楽しみで、テレビにくぎ付けで観ていたダイヤモンドサッカーのオシ
ャレな解説者が岡野俊一郎さんでした。
 
 
 
憧れの存在だった岡野俊一郎さん。
寂しいです・・。
ご冥福をお祈りいたします。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31