無料ブログはココログ

サッカー

2023年6月21日 (水)

今シーズンが終わる

ヨーロッパサッカーの今シーズン(20

22年~2023年)が終わりました。

 

 

 

〇イタリア。

ナポリが優勝。圧勝でしたね。

 

私が応援するユヴェントスは最悪。会計

不正疑惑で勝点剥奪。結果は7位でし

た。また同じことを・・・最悪。

 

 

〇ドイツ。

バイエルンが優勝。毎年同じで結局バイ

エルン。

 

私が応援するドルトムント、、最終節ま

で1位だったのに・・。最後の試合勝て

ば優勝だったのに・・。もったいない。

 

 

〇イングランド。

マンチェスターシティが優勝。オイル

マネーは強し。

 

私が応援するアーセナルは首位だった

のに・・。ラスト1ヶ月で失速。もっ

たいない。

 

 

〇スペイン。

バルセロナが優勝。私が1番好きなチ

ームが宿敵レアルをおさえて優勝。

でも、審判買収問題で来期以降が心配・

・。さらにお金の運営面でもボロボロ。

あまり喜びは無い・・。

 

 

〇フランス。

やっぱりパリサンジェルマンが優勝。

オイルマネー強し。

 

ランス、惜しい位置にいたのに。

私が好きなリヨンはすっかり力が落

ちました。

 

 

〇オランダ。

フェイエノールトが優勝。

 

私が好きなアヤックスは完敗。でも、

フェイエノールとも好きなので、良

しとしまう。

 

 

〇ポルトガル。

ベンフィカが優勝。

 

私が好きなポルトは残念でした。

 

 

〇チャンピョンズリーグ。

王者はマンチェスターシティ。

オイルマネー強し。

 

 

 

 

全体的に私が好きでないチームが優勝

して、私のひいきのチームが負けまし

た。

 

アラブのオイルマネーがジャブジャブ

入る、いかがわしいチームがやっぱり

強い。

FFPは守られていないのでしょう。

 

そして、私が最も好きな2チーム。

2チーム共に不正疑惑があり、急速に

坂を転げ落ちている感じです。

 

個人的に満足感が無いシーズンでした。

2023年3月17日 (金)

2つのクラブ

サッカーの話です。

 

やっぱりこの話に触れないわけにはいき

ません。

 

私が最も好きな2つのクラブ。

 

子供の頃から好きな2つのクラブが、今

年、同時に不正が発覚してペナルティを

受ける(受けそう)事態になりました。

 

詳細は長くなるので書きません。

内容はインターネットで検索するとでて

きますから。

 

 

 

{ユヴェントス}。

以前にも八百長の不正をして2部降格し

た経験があります。

今回は不正会計。

勝点はく奪。

これでセリエAの優勝は無いし、来期チ

ャンピオンズリーグの出場も無いでしょ

う。

しばらく低迷期か・・。

 

 

 

{バルセロナ}。

こっちは最悪。

一昨年、昨年と経営の内情が火の車であ

ることが発覚してチームのシンボル=メ

ッシを失いました。

 

そして現在も経営状態はピンチ。

膨大な負債があり、他クラブにも借金が

あるようです。

 

そして、審判買収疑惑。これは最悪。

間違いなく判定に影響があっただろう

し、試合結果を左右したでしょう。

(以前のユヴェントスと一緒)。

 

多くの強豪の中で、私が最もクリーン

で高貴なクラブだと信じていたバルセ

ロナ。

以前はユニフォームの胸に唯一広告を

入れないで、ソシオ(ファン会員)が

支えていたクラブ。

 

私が嫌いなクラブ。

黒い歴史のあるレアル・マドリー。

中東のオイルマネーが入り、いかがわ

しい会計と選手獲得しているパリ・サ

ンジェルマン や マンチェスター・

シティ。

バルセロナもそんなクラブと一緒、い

やそれ以下じゃないか と気づきまし

た。

 

 

バルセロナのペナルティーは決まって

いません。

 

今年は信じていたものが崩れ去った。

2チーム、どうなりますかね?

2022年12月22日 (木)

W杯終わる

サッカーW杯が終わりましたね。

 

決勝戦はアルゼンチンVSフランス。

 

結局は優勝経験国同士の対決。

 

優勝はアルゼンチン。

 

結局は優勝候補が順当に頂点へ。

 

やっぱりW杯は過酷な大会で、選手個々

の能力が高くて、さらに層が厚い伝統的

な強豪国のみが優勝できるんだな と実

感しました。

 

 

しかし、メッシ・・。

地位も名誉もお金も、、そして、全ての

サッカーのチームタイトル・個人タイト

ルを手にしてしまった。

もう、早くバルセロナに戻ってきて・・。

 

 

さて、次回は4年後。

アメリカ・カナダ・メキシコ大会。

次こそ日本がベスト8だ!!

2022年12月 2日 (金)

まさかの首位通過

おはようございます。

 

サッカーW杯。

 

たまげました。

 

 

私はいつもブログは早朝に書いております。

おそらく今朝のブログは「日本、残念。で

も頑張った」なんていう内容だと思ってま

した。

 

いや、、、。

まさかのスペインに勝利。

 

 

 

 

とても前の話です。

 

そもそも、1次リーグ組み合わせ抽選会の日、

日本が入るE組のメンツを知った時、「厳し

いな」・「これは最下位もあるかな」という

印象でした。

 

コスタリカになんとか勝って、ドイツかス

ペインのどちらかからなんとか引き分け勝

点1を取れば、、もしかたしたら・・。

なんていう私の予想。

 

 

 

それが、スペイン、優勝候補のドイツを撃破

しての1次リーグ首位通過。

 

長年サッカーを見てきましたが(W杯10大

会目)、こんなことがあるんですね。

 

日本がドイツ(優勝候補)に勝って、コスタ

リカに負けて、スペイン(コスタリカに7点

を取って勝った)に勝った。

そしてドイツ(日本に負けた)がコスタリカ

(日本に完封勝利)に勝つ。

 

サッカーは怖い。

サッカーはこれがあるから熱狂する。

 

ちなみにこちらも優勝候補、世界ランキン

グ2位のベルギーも敗退。

 

サッカーは怖い・・。

 

 

日本代表の選手、ありがとう!!

2022年11月28日 (月)

日本 第2戦

W杯。

昨夜はサッカー日本代表の第2戦でしたね。

 

いや、残念。

実に悔しい。

 

日本は勝点3、最低でも引き分け勝点1が必

要でした。

 

 

コスタリカは勝点3が絶対に必要なのに、

「意外に前がかりで攻めてこないな」と

思ってました。

 

後半30分から一気に攻めてきましたね。

きっと「後半残り15分でギアを上げる」

戦術だったのでしょう。

ワンチャンスを決められました。

 

逆に日本は試合全体を通して点が入る雰

囲気が無かった。

ボールは保持出来てるのに相手エリア内

に侵入できない(最後の10分以外は)。

 

 

もったいない。

せっかく優勝候補ドイツを倒したのに。

コスタリカから勝点が取れなかった。

 

 

さて、スペイン戦で勝利が必要になり

ました。

 

しかし、あの堅守の守備陣・実力のある

GKナバスのコスタリカから7点を奪っ

たスペイン。

どんだけ強いねん (-"-)

2022年11月24日 (木)

W杯開幕 日本初戦

サッカーW杯が始まりましたね。

ここから1ヶ月の長い戦いが始まります。

 

カタールで夕方の試合開始だと(暑さ対策)

、時差の関係で日本だと22時・23時頃

のキックオフが多いんですね。

私は宿業で朝が早いもんで、他国の試合を

なかなか最後までテレビ観戦できず・・。

 

 

 

さて、、。

昨夜、日本の初戦でしたね。

 

驚きました。

とても嬉しい勝利です。

 

前半だけですと、0:1で負けてました

が、その点差以上に内容的には圧倒され

ていました。

 

ドイツは日本より、、

フィジカルが強い(これは最初からわか

っていた)。

スピードがある。

個々のテクニックがある(これは意外だ

った)。

そして戦術的にも優位にたっていた(選

手のポジショニングが素晴らしい)。

GKが世界最高峰。

 

こんな強いチームなのに絶対的なストラ

イカーが不在なのが助かったな・・。

 

が前半の印象。

 

 

しかし、日本が後半2得点で逆転。

 

これはごちゃごちゃ説明がいりません。

 

堂安、浅野、よく決めた。

選手全員よく走った。

 

今の日本代表の選手のメンタルは強い。

 

あきらめちゃいけませんね。

私も見習おう。

 

今日も私、頑張ろうっ!

感動した。気分が良い (^^)

2022年11月 3日 (木)

メンバー発表

サッカーネタです。

 

一昨日、W杯の日本代表メンバーが発表に

なりましたね。

 

このメンバーが発表になると「いよいよ迫

ってきたな」って感じます。

 

 

 

色々いわくつきのカタール大会。

 

何はともあれ、11月20日から始まりま

す。

 

私は長年W杯を見てきましたが、秋の11

月開催は初めて。

ドームスタジアムも初めて。

 

 

日本の初戦は23日、相手はドイツです。

危険な相手、いや危険すぎる相手。

 

その後のスペインも危険、コスタリカも強

い。

日本が過去出場した大会で、今回が最も厳

しいグループステージの組に入った気がし

ます。

 

でも、日本は失うものなんて無い。

思い切ってぶつかって欲しいです。

 

W杯に出れる。

ドイツと戦える。

それを自国でテレビで観戦できる。

選手もファンも幸せなことです。

 

私はブラジル、ドイツが優勝候補だと予

想しています。

2022年6月17日 (金)

シーズンが終わる

ヨーロッパサッカーのシーズンが終わり

ましたね。

 

全体的に、私の応援しているチームがイ

マイチで個人的に残念なシーズンでした。

 

 

〇スペイン

全てのクラブで私が1番好きなバルセロナ。

2年連続で優勝できず。優勝の宿敵レアル

に勝ち点13も差をつけられました。

リーグ2位という順位以上に没落している

状態。クラブは多額の負債を抱えてここ2

年間瀕死の状態。なんでこんなことになっ

てしまったのでしょうか?

 

 

〇イタリア

私が全てのクラブの中で2番目に好きなユ

ヴェントス。

こちらもここ2年間の落ち込みが酷い。

今シーズン、優勝のACミランになんと勝ち

点16も差をつけられての4位。

一昨年まで国内では敵無しだったのに・・。

 

 

〇イングランド

私の好きなアーセナル。今年もダメで、優

勝のシティになんと勝ち点差24の5位。

なんか普通のクラブになってしまった。

そして私が好きなもう1チーム、リヴァプ

ールは惜しかった・・。もう少しで優勝に、

いや4冠王者になれたのに・・。

 

 

〇ドイツ

嫌いなバイエルンが優勝。好きなドルトムン

トは2位でした。毎年同じ展開でつまらいリ

ーグ・・。

 

 

〇フランス・オランダ・ポルトガル。

フランスはいつもの通りパリが優勝。つまら

ない・・。

私の応援しているアヤックス、ポルトがそれ

ぞれ優勝でちょっとだけ癒されました。

 

 

〇チャンピオンズリーグ

レアルが優勝。リヴァプールに勝たせたかった。

悔しい・・。

 

 

 

今年もそうですが、ここ数年間、一部のチーム

がヨーロッパサッカー界を歪めてる印象です。

ほぼ国営の企業がオイルマネーを原資にジャブ

ジャブ資金を使い放題。

ヨーロッパリーグには収入と支出のバランスを

保たせるルールがあるのですが、明らかに違反

しているチームがあります。

ヨーロッパサッカー、これでは健全でワクワク

する面白い展開にならないでしょうね。

2022年4月 5日 (火)

グループEの突破は難しい

サッカーW杯の1次リーグの組み合わ

せの抽選が行われましたね。

 

 

日本はグループE。

 

スペイン。

ドイツ。

コスタリカ かニュージーランド。

日本。

 

 

これは、どう考えても厳しいグループ

に入りました。

 

 

ポッド1の優勝経験有りのスペイン。

 

優勝経験有り、そして今大会も優勝候

補のドイツがポッド2で同組って、、。

 

 

立場によって見方は変わるわけです。

スペイン・ドイツの強豪にしてみれば、

「なかなか良い組じゃないか」という

印象のはず。

強い2チームが下位2チームに取りこ

ぼさなければ1次リーグを確実に突破。

3チーム目・4チーム目に難敵がいな

い方が良いに決まってます。

 

 

そして、日本。

コスタリカ・ニュージーランドの勝利

は必須。

さらにスペイン・ドイツのどちらかに

勝たなければいけない。

これは厳しいでしょう。

 

しかし、絶対に不可能なんてことはな

い。

守備を徹底的に固めて、走り負けない。

つまり、走れる選手を選出する。

 

できれば、代表23人を2チームに分けて、

それぞれ交互に試合に出る。過密日程でも、

相手よりフレッシュな状態で走り続ける。

こんな準備も良いかもしれませんよね。

 

 

ガンバレ日本。

目指すは初のベスト8だ (^^)

2022年3月25日 (金)

祝 出場決定

昨日、サッカー日本代表がオーストラリ

アに勝ってW杯出場を決めましたね。

 

今回の最終予選、出だしでつまずき、厳

しいかな と心配でした。

 

しかし、そこから連勝で立て直しました。

 

7大会連続7回目の出場。

とても嬉しいです。

 

 

何度予選に挑戦しても、跳ね返されて出

場できない、永遠に出場できないんじゃ

ないか、という悔しい時代を知っている

だけに、今回の出場決定も当たり前では

なく、ありがたいと思えます。

 

ヨーロッパではイタリアやポルトガル、

南米ではパラグアイといった強豪が出場

できない可能性があるわけですから。

 

 

さて、今回のW杯は異例ずくめ。

灼熱の砂漠の国、カタールで開催です。

初めての秋の開催、空調の利いた室内競

技場、、等々。

 

日本代表には史上最高のベスト8、つま

り決勝トーナメントでの初勝利を期待し

ています。

より以前の記事一覧